読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通り名は真知子

長すぎた プロローグ

SHISHAMOとTravisJapan【第2弾】

皆さんこんにちは!元気ですか!第二弾ですよ!(ペースが早い)

SHISHAMOの曲はどれもドラマとか少女漫画みたいだからトラジャの面々が本当によくピッタリでいらっしゃる…ということで再び!!!批評という名の妄想をしてみました(˘ω˘)

 

僕に彼女ができたんだ

好きな子と無事付き合うことになった主人公、だがその条件は"付き合っているのを秘密にすること"だった…。どうしても周りに知られたい主人公の苦悩と葛藤のドラマが今、始まる!(始まりません)

この歌めちゃくちゃ可愛いんですよ、『僕』が。私的にピッタリ当てはまる…!と思ったのが宮近海斗。絶対ちゃかちゃんだわ、これ…。

クラスメイトや 近所のおばさん

八百屋のおじさん 家族にだって

言いふらしたい 言いふらしたい

冷やかされたい 冷やかされたい

可愛い!!!!!(ジタバタ)

 

僕、実は

簡単に説明すると、「友だちが彼女にフラれて毎晩電話で話を聞いてあげてるけど『僕、実は』お前の彼女と付き合い始めたんだぜ」って曲です。

 

これは絶対に顕嵐ちゃん!

 

ここからは私の妄想ですが、宮近が彼女と付き合い始めた時、顕嵐も彼女のことが好きだったので「なんで先に告白しなかったんだろう」と悔やみながらも宮近のことを純粋に応援しようとします。だけど、宮近はフラフラフラフラして彼女をいつも不安にさせている。恐らく彼女から相談を受けていたんでしょうね!顕嵐ちゃん!

仕方がないのさ

君といるよりも

あの子は幸せそうなんだよ

僕といる方が幸せそうじゃん…僕と付き合おうよ…宮近なんかとは別れてさ…って!!!くぅ~!ドロドロ最高!()

 

この曲は先述した僕に彼女ができたんだの続編と言われています。僕に彼女ができたんだの『僕』はこの曲における『君』!(ややこしい)

 

分かりますか、この2曲に渡る少女漫画的展開!占ツクでよく見かける展開!彼女ができて浮かれてる宮近と不安になる彼女と隙あらば狙う顕嵐ちゃん!最高の三角関係!

 

君と夏フェス

 

この曲は本当キュンキュン以外の何物でもないって感じの曲ですよね!絞りたての果汁ジュースみたいなフレッシュ感!

 

そんなこの曲のヒーローは閑也くん

 

ずいぶん前の方にきちゃってたみたい

さっきまで二人でいた場所もう違う景色

主人公の女の子が、しーくんとはぐれちゃうんですよ。で、やっちゃった~って後悔してる女の子にこの一言。

「新しい君が見れたから

今日は本当に来てよかった」

照れ笑いの奥見えちゃいそうで

ね?!

しーくんでしょ?!めちゃくちゃしーくんですよね?!

しーくん人混み苦手じゃないですか。でも好きな女の子に「一緒にフェス行かない?」って誘われたらそりゃ行くしかないでしょ…!って行くんですよ。でも盛り上がって楽しそうな女の子はどんどん前いっちゃって置いてけぼりになっちゃう閑也。そんな女の子を可愛いなぁ…って遠くから柵にもたれかかって眺めてる閑也。ちなみにさらっと彼女のカバン持っちゃってる閑也。

嗚呼、愛しずや!!!!!

しーくんと青春、過ごしたかった!!!

 

冬の唄

 これはフォロワーさんに教えていただいてから宮近くんしか頭に浮かばないです。学ランを着た宮近くんとセーラー服の女の子。2人は幼なじみで、同じような色のカーディガンを中に着て「さっぶ!」『寒すぎでしょ(笑)凍る(笑)』って何気ない会話しながら一緒に帰ってる。

次に君と二人きりになれたら言うって決めた言葉

「すきだよ ずっと一緒にいたいよ」

おちゃらけてしか言えないけどね

ずっとちっちゃい頃から幼なじみで、最近恋愛感情を抱いてることに気づいたから今更まじめに「好き」なんて言えなくておちゃらけてしか言えない女の子…!

君のいない冬の帰り道は

いつもより少し肌寒いから

だからもう少し そばにいよう

どうせ笑われちゃう、そばにいられる今の関係を壊したくない、そう思ってちゃんと想いを伝えられない…!

けど女の子がおちゃらけてこう言うたびに宮近くんめちゃくちゃドキドキしてるんですよ。

宮近くんが幼なじみとかどんだけ徳積んだん…って感じですけどね!!!(急に現実に帰る)

 

恋する

これは友だちだろうな~好きになることなんてないんだろうな~と思っていた相手を好きになっちゃう女の子の歌です。お相手は仲田拡輝くんで!

いつだって一緒に バカ騒ぎしてくれるのは

君くらいだと 思ってて

バカ騒ぎしてくれそうじゃない?!斜め左前の席に座ってる仲田くん!休み時間になると斜め後ろ向いておしゃべりしてくれる仲田くん!(※実体験含)

でも君は私の好みを もうとっくに知っちゃってるから

君は私が自分のことを好きだなんて

一生気づかないよね

仲田くん気づいて!!!!!

全然好みじゃないのよ

君のその甘ったるい笑顔も

君の私を呼ぶかわいい声も

好きになる前は普通に見過ごしてた笑顔や声が、好きになった途端魅力的に思えてくる典型的な恋する乙女あるあるですよね!仲田くんの笑顔!声!ほらみんな想像して!()

 

からのこれです

 

悪ふざけでもいいから

一度私のこの手を握って

「友だちだなんて思ったことはない」

とか言ってみせてよ

うわああああああ!

仲田くんに悪ふざけでこんなこと言われたら口から勝手に「好き」って出てきちゃうからダメっすね、これ。

でもこんなこともちろんお願いできなくて、好きとかも言えなくて「お前は親友だもんな(笑)」とか言われちゃって傷ついて「お前にだけ言っとくけど…」とか言って好きな子の相談させられて結局この子は仲田くんとはくっつくことはなく高校生活を終えてほしいです(最悪)。

 

まとめ

今回は豪華5本立てでお送りしました!(多い)

SHISHAMO×TravisJapanめちゃくちゃいいしまだまだ妄想あるので第3弾すぐ更新してしまいそうです。気をつけます。ぜひ、SHISHAMOの楽曲を聴いてみてください~(´ω`)