読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通り名は真知子

長すぎた プロローグ

6年のありがとうをあなたに

唐突だが、私は身近に手越担のお姉さんがいた。手越しか見えない。盲目。何かあれば手越を薦めてくる。私はそんなお姉さんに対して「ジャニーズの何がいいの…」と思っていた。その頃私は小4、韓国のアイドルにハマりにハマっていた。

 

小さい頃の親の影響って絶大で、その時も親が好きだったから韓国にハマった。ハングルで書いてある歌詞を辞書で引いて韓国語で歌ったりなんかもしていた。

 

そんな親が唯一好きだったジャニーズが関ジャニ∞だった。夕食時にはジャニ勉を見て、車には何故かF・T・Oのアルバムが入っていた。(録音ではなく、CDを入れて聞いてた)友だちが買うついでに買ったそうだ。だから、F・T・O収録曲なら歌えていた。

 

ある日家族でドライブ中に偶然見ていたドラマが「GM~踊れドクター~」だった。このドラマの説明をしてもあまりピンとくる人がいないが、大変面白いドラマだった。でもまあ、悲しいことにこのドラマ枠は「GM~」終了後の「GIN~仁~」によって盛り上がることになるのだが。

 

主演、東山紀之。おそらくバーター枠で当時25歳の大倉忠義が看護師役で出演していた。多部未華子ちゃんよりも、ヒガシよりも、椎名桔平さんよりも、大倉くんをガン見していた。大倉くん演じる本木くんがメロンパンを食べていたから食べたことなかったけど食べた。未だに覚えている。母に「大倉くんが好き」と言うのが恥ずかしくてモジモジしていたのを。

 

主題歌がなんと関ジャニ∞だった。そう、皆さんにおなじみ「LIFE ~目の前の向こうへ~」だ。もちろん買った。(母が)PVもメイキングも腐るほど見た。気づけば完全な大倉担になっていた。まあ、どう考えても"顔ファン"であった。

 

そこからの記憶はほぼ無いが、エムステで披露する関ジャニ∞を見て「大倉くんのパート最高」と思っていたしアルバム∞UPPERSも買ってエムステでまた大倉くんを見て金髪の彼に小さな胸をときめかせていた。

 

あれから6年。月日が経つのはあっという間だなぁと感じている。小学生だった私は高校生になり、平均年齢が20代だった関ジャニ∞は既に全員三十路超えだ。

 

中学生の頃、いや高1までは私はいつまでも大倉担だと信じて疑わなかった。そもそも若い子に興味が無い、おじさん過ぎでも興味が無い、関ジャニ∞自体嵐以外との関わりが少ない、降りるなんて発想ゼロだった。

 

2016年3月、私はSexy Zoneにハマる。始まりはTwitterで見かけた「#セクチャン」のタグだった。そこからはもう転げ落ちるみたいに加速して~♪だ。()あっという間に掛け持ちになった。

 

若い子を見ていると、若い子にハマる。沼沼沼…の繰り返しだった。そしてまたあっという間にJr.もかけ持った。

 

関ジャニ∞の番組は追わなくなり、エムステくらいしか見なくなった。それでも長い間ファンをしてきたんだ、という意地が私を「担降り」という決断から遠ざけた。

 

熱愛報道が出た。正直、呆れ返ってしまった。子供だから、幸せにね!なんて綺麗事思えなかった。

 

これで判断しよう、と冬コンに入った。生の大倉くんはやっぱりかっこよかった。降りられるわけない!そう思った。セトリはさんざんだったけど。

 

また大倉くんの画像を集め始め、大倉くんの動画を見始めた。DVDも見た。ここで私は気づいてしまったのだ。

「私は、若い大倉くんが好きなんだ」

どれも若い頃の大倉くんだった。自分で「たっちょんです♡」とか言っちゃうような。たまに文句を言った。その矛先はいつだって今目の前にいる大倉くんだった。

 

関ジャニ∞は大好きだし、大倉くんも大好きだ。何より顔から入ったファンだったけど歌声が大好きだった。だけど今の自分は担当として大倉くんの名前をあげるのに躊躇うような最低な人だから、潔くここで、担降りをしようと思う。

 

降り先はたくさんある。松島聡くん、中村嶺亜くん、そして中村海人くん。

 

大倉くんは、私ひとりが降りようと他にもたくさん応援してくれる人がいます。私はさよならをするけど、大倉くん、ぜひ今いるファンを大切にしてください。6年間、青春のほとんどを大倉くんに捧げてきました。本当にありがとう。これからも健康には気をつけて。

掘り返そう、黒歴史

どうも~!最近推しを目の前にすると「可愛い」しか出てこなくて困っているみやです。(いつも)

先日、とても楽しい会に参加させていただきまして初めてトラジャ担の方々とお話することができました。その会話の中で「あなたのトラジャはいつから?」という話題になって、その場では大体こんな感じだったかな…と答えたんですが、そもそも私がトラジャを知ったのは!そもそも私が(あくまで担当ではなく)トラジャを推し始めたのは!いつからなのか全然覚えていませんでした。正直。

ということで気になって仕方がなかった私は過去ツイ(通称:黒歴史)を掘り返す作業をしてきました~。ここで少し晒していこうと思います。

 

Twitterは割とジャンルやグループによってアカウントを使い分ける人なので、トラジャ担になる前までは実はトラジャのことを呟くためのアカウントは無かったです。

本当にここ最近まで(推しは大量にいるけど)Jr.の担当は中村嶺亜くんだけだったので、嶺亜くんアカから古いツイ(といっても嶺亜くんアカ自体去年の8月の最初に作ったので割と新しい)を引っ張ってきました。

 

f:id:neko_ssoo:20170322181553j:image

(恥ずかしいのでアイコンとアカ名は消しました)

このツイがJr.を好きになってから初めてトラジャのメンバーの名前が出てきたツイートでした。恐らくハニーバタフライ(中島健人ソロコン)のバックJr.のリスト見て呟いた内容…だったと…思う…。既にうみんちゅって呼んでるあたりミーハーみが隠しきれてない()

 

f:id:neko_ssoo:20170322181823j:image

ツイートに内容がない。

まあ所詮「つぶやき」だから当たり前ですけど!!!やっぱりFacedownで結構堕ちてたんだな~。知らなかったわ。で多分上のツイは愛を叫べですね。なんか今と言ってること変わんなくない…?てかこの頃から顕嵐ちゃんは顕嵐ちゃん呼びだったのか。

 

f:id:neko_ssoo:20170322182022j:image

 

うん、わかる。欲を言えばのえたんの存在にも気づいて欲しかったかな?ていうかまあトラジャはみんな天使だけどね?本当に私はこの3人が好きだな~。ちょうどこないだ写真を見てた時も「しめちゃん可愛い!」「うみちゃんお顔が可愛い!」「顕嵐ちゃんああああああ」って言ってたもんな…。

 

f:id:neko_ssoo:20170322182242j:image

ハァ?テスト前だったから消してたんですよね…。だから正直堕ちた瞬間のツイは残ってないっていう…。本末転倒だね~何があったんだろう本当に(笑)

 

f:id:neko_ssoo:20170322182413j:image

ヒモ村海人(笑)9月の時点で気づいてる私やばいな。しかも可愛いしか言ってないの本当にそのままじゃん。一番上のツイ見る限り、これは情報局のオールスターズアイランドの宣伝動画を見た感想っぽいね。

 

f:id:neko_ssoo:20170322182608j:image

わかる~!!!!(自分に共感)

 

f:id:neko_ssoo:20170322182639j:image

?!え、本当にこれ何回読んでも私全然ピンとこないんですけど何が言いたかったんだろう…。最後に?つけてるけど本当に?だしむしろ???って感じなんだけど…。例え下手くそかよ…。

 

f:id:neko_ssoo:20170322182929j:image

うみ担みが溢れ出てますよねこの頃から!(笑)やっぱりうみちゃんは何かあげたくなる顔してるんだな…。

f:id:neko_ssoo:20170322184256j:image

なんかものすごい妄想してた。

えっ、これめちゃくちゃ掘り下げたくない????なんて素晴らしい妄想してんの私…。(自画自賛)過去の私ありがとう素敵な妄想を考えてくれて~!ご丁寧にうみんちゅとか説明してくれて~!そうだね嶺亜くんも中村だもんね~!

f:id:neko_ssoo:20170322184447j:image

(末期)

割とマジで意味不明なツイートすぎてジワジワくる。何言ってんだお前。

 

f:id:neko_ssoo:20170322184544j:image

既に気分はトラジャ担…。そうそう、私何故か最初の頃しめちゃんのこと「可愛い♥」しか思ってなくて突然押し寄せるイケしめに戸惑ってたんだよな~。うみちゃんの髪型に関してはこの頃からずっと言ってるってことは4ヵ月同じこと思ってるんだ(笑)ファンレにも書いたようみちゃん♡読んでね♡てか本当になんの前兆もなく好きな人にヒロキをあげてるの謎すぎるいつから好きなんだ私。

f:id:neko_ssoo:20170322184850j:image

伝わらない。マジで何が言いたいの????(怒)いや、まあ百歩譲ってトラジャのダンスについては分かるとしても松松のダンスがプチプチ潰す快感て…意味不明すぎる…。まあ何か違いを言い表したかったんだろうね!わかりません!!!

f:id:neko_ssoo:20170322185029j:image

これ未だに気になってるんだけど解明されてないよね、次!

f:id:neko_ssoo:20170322185157j:image

うん、わかる。(2回目)てかむしろTravisJapanのあけおめメッセージ嫌いな人いないよね。

f:id:neko_ssoo:20170322185457j:image

これだーーーーーーーー!そうです、これが全ての始まりだった。うみちゃんがただの推しから、担当に変わるまでの。「サマステ 海人」で検索してもたかいとくんばっかり出てくるから「サマステ 宮近」で検索してた。大体うみちゃんに宮近突っ込んでないかな?って期待して。

f:id:neko_ssoo:20170322185643j:image

口が悪い。トラジャ現場入りたいよね、わかるようんうん。

f:id:neko_ssoo:20170322185728j:image

dr期なんかじゃ収まりませんよ!(大声)

f:id:neko_ssoo:20170322185812j:image

まさかこの時は自分がうみ担になって妄想をはてなブログで書いてるなんて思わなかったよね。元旦から何言ってんだ私は…。

f:id:neko_ssoo:20170322185927j:image

 HAPPYBIRTHDAYひろき!ってツイした記憶あるのにこれしか無かったひろきの誕生日。多分あまりにトラジャ言いすぎたからツイ消ししたのかもしれない。しかしなぜこの気の抜けたツイだけ残してあったのか()

 

f:id:neko_ssoo:20170322195926j:image

(別の名前なので隠しました)未だに抜け出せてないよ!!!!!安心して!!!

f:id:neko_ssoo:20170322200018j:image

ジャポ借りたんですよ…トラジャを見るために!懐かしい。模試前に借りた。()

f:id:neko_ssoo:20170322200140j:image

らしいです。

f:id:neko_ssoo:20170322200157j:image

 基本私「は!トラジャいた!」って思ってちゃんと見たらしめちゃん、っていうパターン多いんですよね。わかるわかる。大体しめだよね。

f:id:neko_ssoo:20170322201224j:image

気づいちゃったか~!!!!!

そして実はこの日 

 f:id:neko_ssoo:20170322201328j:image

トラジャ用アカウント創設~!!!!!(祝)

おめでとう!!!!!よくアカウント作ってくれたよ!!!!!やっと認めたな!!!!!

なんか、私の中で専用アカ作ったら負け(?)みたいなところがあって作ったらもう後戻りはできないぞ、いいのかってすごい葛藤してたんです実は!でも、トラジャ担の方と繋がりたいし気兼ねなくうみちゃんのこと話したいし…と考えに考えた末のアカウント創設でした。

 

ちなみに、ここまでトラジャ現場ゼロです(衝撃) 

 

昔のツイートを掘り返すことほど恥ずかしいことってないですよね。何言ってんのコイツ(白目)ってなりながらやってました。

TravisJapanを好きになって、少し悲しくなることもあったけどずっと楽しいです。推しだった時も担当にしてからも。なんでかって、TravisJapanのファンの方々みんな優しい。「ムムッ?」って人に出会ったことがない。温かくてほっこりする、そんな空気が流れてるなぁと思うんです。きっとそれって、やっぱりTravisJapanのメンバーの人柄の良さ、努力家なところ、常に高みを目指す姿勢、そういうところに理由があるんだろうな~と思います。いいグループにはいいファンがつく。誰かがそんなような事言ってた気がしますが本当にそう。そんなグループを好きになれて本当によかったなって思うし、出会えてうれしい気持ちでいっぱいです。

過去ツイ(という名の黒歴史)を掘り返して改めて、自分のトラジャへの気持ちが整理できたかな~と!とても恥ずかしいですが、楽しいので!ぜひ1度皆さんもやってみてはいかがでしょうか。「Twitter 過去ツイ」で検索すればできます!(雑)

 

✽番外編✽

 

f:id:neko_ssoo:20170322202539j:image

トラジャ担名乗るぞ!ってなって3日後に上裸のしめちゃんを夢に見ちゃう私って本当…(ただの危険人物)

 

✽ちなみに✽

担当にした流れは追えましたが、先述した通り堕ちた瞬間私はTwitterを消していたので(笑)過去ツイからは追えませんでした!しかしメモ帳にどうやら残っているようなので後日、そのメモ帳の内容についてまとめようと思います\(^^)/

SHISHAMOとTravisJapan【第2弾】

皆さんこんにちは!元気ですか!第二弾ですよ!(ペースが早い)

SHISHAMOの曲はどれもドラマとか少女漫画みたいだからトラジャの面々が本当によくピッタリでいらっしゃる…ということで再び!!!批評という名の妄想をしてみました(˘ω˘)

 

僕に彼女ができたんだ

好きな子と無事付き合うことになった主人公、だがその条件は"付き合っているのを秘密にすること"だった…。どうしても周りに知られたい主人公の苦悩と葛藤のドラマが今、始まる!(始まりません)

この歌めちゃくちゃ可愛いんですよ、『僕』が。私的にピッタリ当てはまる…!と思ったのが宮近海斗。絶対ちゃかちゃんだわ、これ…。

クラスメイトや 近所のおばさん

八百屋のおじさん 家族にだって

言いふらしたい 言いふらしたい

冷やかされたい 冷やかされたい

可愛い!!!!!(ジタバタ)

 

僕、実は

簡単に説明すると、「友だちが彼女にフラれて毎晩電話で話を聞いてあげてるけど『僕、実は』お前の彼女と付き合い始めたんだぜ」って曲です。

 

これは絶対に顕嵐ちゃん!

 

ここからは私の妄想ですが、宮近が彼女と付き合い始めた時、顕嵐も彼女のことが好きだったので「なんで先に告白しなかったんだろう」と悔やみながらも宮近のことを純粋に応援しようとします。だけど、宮近はフラフラフラフラして彼女をいつも不安にさせている。恐らく彼女から相談を受けていたんでしょうね!顕嵐ちゃん!

仕方がないのさ

君といるよりも

あの子は幸せそうなんだよ

僕といる方が幸せそうじゃん…僕と付き合おうよ…宮近なんかとは別れてさ…って!!!くぅ~!ドロドロ最高!()

 

この曲は先述した僕に彼女ができたんだの続編と言われています。僕に彼女ができたんだの『僕』はこの曲における『君』!(ややこしい)

 

分かりますか、この2曲に渡る少女漫画的展開!占ツクでよく見かける展開!彼女ができて浮かれてる宮近と不安になる彼女と隙あらば狙う顕嵐ちゃん!最高の三角関係!

 

君と夏フェス

 

この曲は本当キュンキュン以外の何物でもないって感じの曲ですよね!絞りたての果汁ジュースみたいなフレッシュ感!

 

そんなこの曲のヒーローは閑也くん

 

ずいぶん前の方にきちゃってたみたい

さっきまで二人でいた場所もう違う景色

主人公の女の子が、しーくんとはぐれちゃうんですよ。で、やっちゃった~って後悔してる女の子にこの一言。

「新しい君が見れたから

今日は本当に来てよかった」

照れ笑いの奥見えちゃいそうで

ね?!

しーくんでしょ?!めちゃくちゃしーくんですよね?!

しーくん人混み苦手じゃないですか。でも好きな女の子に「一緒にフェス行かない?」って誘われたらそりゃ行くしかないでしょ…!って行くんですよ。でも盛り上がって楽しそうな女の子はどんどん前いっちゃって置いてけぼりになっちゃう閑也。そんな女の子を可愛いなぁ…って遠くから柵にもたれかかって眺めてる閑也。ちなみにさらっと彼女のカバン持っちゃってる閑也。

嗚呼、愛しずや!!!!!

しーくんと青春、過ごしたかった!!!

 

冬の唄

 これはフォロワーさんに教えていただいてから宮近くんしか頭に浮かばないです。学ランを着た宮近くんとセーラー服の女の子。2人は幼なじみで、同じような色のカーディガンを中に着て「さっぶ!」『寒すぎでしょ(笑)凍る(笑)』って何気ない会話しながら一緒に帰ってる。

次に君と二人きりになれたら言うって決めた言葉

「すきだよ ずっと一緒にいたいよ」

おちゃらけてしか言えないけどね

ずっとちっちゃい頃から幼なじみで、最近恋愛感情を抱いてることに気づいたから今更まじめに「好き」なんて言えなくておちゃらけてしか言えない女の子…!

君のいない冬の帰り道は

いつもより少し肌寒いから

だからもう少し そばにいよう

どうせ笑われちゃう、そばにいられる今の関係を壊したくない、そう思ってちゃんと想いを伝えられない…!

けど女の子がおちゃらけてこう言うたびに宮近くんめちゃくちゃドキドキしてるんですよ。

宮近くんが幼なじみとかどんだけ徳積んだん…って感じですけどね!!!(急に現実に帰る)

 

恋する

これは友だちだろうな~好きになることなんてないんだろうな~と思っていた相手を好きになっちゃう女の子の歌です。お相手は仲田拡輝くんで!

いつだって一緒に バカ騒ぎしてくれるのは

君くらいだと 思ってて

バカ騒ぎしてくれそうじゃない?!斜め左前の席に座ってる仲田くん!休み時間になると斜め後ろ向いておしゃべりしてくれる仲田くん!(※実体験含)

でも君は私の好みを もうとっくに知っちゃってるから

君は私が自分のことを好きだなんて

一生気づかないよね

仲田くん気づいて!!!!!

全然好みじゃないのよ

君のその甘ったるい笑顔も

君の私を呼ぶかわいい声も

好きになる前は普通に見過ごしてた笑顔や声が、好きになった途端魅力的に思えてくる典型的な恋する乙女あるあるですよね!仲田くんの笑顔!声!ほらみんな想像して!()

 

からのこれです

 

悪ふざけでもいいから

一度私のこの手を握って

「友だちだなんて思ったことはない」

とか言ってみせてよ

うわああああああ!

仲田くんに悪ふざけでこんなこと言われたら口から勝手に「好き」って出てきちゃうからダメっすね、これ。

でもこんなこともちろんお願いできなくて、好きとかも言えなくて「お前は親友だもんな(笑)」とか言われちゃって傷ついて「お前にだけ言っとくけど…」とか言って好きな子の相談させられて結局この子は仲田くんとはくっつくことはなく高校生活を終えてほしいです(最悪)。

 

まとめ

今回は豪華5本立てでお送りしました!(多い)

SHISHAMO×TravisJapanめちゃくちゃいいしまだまだ妄想あるので第3弾すぐ更新してしまいそうです。気をつけます。ぜひ、SHISHAMOの楽曲を聴いてみてください~(´ω`)

自担と結婚したら?~中村海人編~

どうも、みやです。世間はホワイトデーですか、そうですか!え?私ですか?義理チョコのお返しなら貰いましたよ(^^)

 

さて、みやは一昨年16歳になりました。(今年18になります)そして我が自担、中村海人くんは一昨年18歳になりました。(今年20…20?!えっうみちゃんがハタチ?!えっ)

16歳以上、18歳以上、結婚できるじゃん。

ということで、中村海人くんと結婚したらというまたこれ夢小説み溢れる妄想を垂れ流そうと思います。

 

最後のデート

高校生から付き合い始めて大学生で倦怠期やらなんやら乗り越えて(適当)、社会人2年目くらいのある日うみちゃんに久しぶりのデートに誘われる私。

(デートっていっても公園に散歩行くくらいかな~)とか呑気に構えてたらドレスコード指定してくるうみちゃん。

夜の7時頃家に車で迎えにきて、助手席のドア開けて乗せてくれるけどなんか動きがぎこちなくて不自然でちょっと笑える。

それで、普段のデートからは想像もつかない(というか普段のデートはノープラン)ようなレストランに連れていかれる。メニューにお値段が書いてない?!うみちゃんこれ大丈夫か君…とちょっと心配。めちゃくちゃオシャレな雰囲気のレストランのせいで、いつもはヘラヘラして可愛いうみちゃんがなんだかかっこよく見える。「○○ちゃん!これすっげーうまい!」あ、しゃべるといつも通りだ()

食べ終わってお店を出る時に「いくら払えばいい?」と聞くと「うん、いーよ。もう払ってあるから」と答えるうみちゃん。心の中で(なんか…いつもと違う…やけにスマートだ…)と感じる。(失礼)

その後、車でお家の前まで送ってもらって「今日はありがとううみちゃん」といつも通りお礼を言うと、「○○、ちょっといい?」となにやら真剣な表情のうみちゃん。(さり気なく呼び捨てになってるのズルイ)

 

…俺、これを最後のデートにしようと思う。」

…えっ?なんだって…?えっ、めっちゃいい雰囲気だったじゃん、なんで?ここへきてまさかの別れ話?待って…?戸惑って何の言葉も出ず、ただただ涙目で真剣な顔のうみちゃんを見つめることしか出来ない私。

「高校の頃からさ、ずっと付き合ってきて、喧嘩したりとかもあったけど本当に俺、○○に支えられてきたなって思うんだ。…それで、だから、これを恋人としての最後のデートにしようと思う。次からは…へへ、そんな泣くなってば(笑)俺の…いや、僕のお嫁さんとしてデートして欲しい。結婚してください。」

(号泣)

 

このプロポーズは車の中で言ってて運転席にいるうみちゃんと助手席にいる私が向かい合ってるんですよ。それで、私は途中で悟っちゃって泣きそうになるんだけどものすごく我慢してます。私泣き虫だけど。(知らんがな)その顔が多分ちょっと変なのと、照れくさくなっちゃったのとでうみちゃんちょっと笑います()でも気を取り直して真面目な顔で、いつもの一人称「俺」を「僕」に言い換えて(こっちの方が丁寧だと思ってるから)言うわけですね!!!!!最高かよ~うみちゃん~!(ただの妄想)

 

プロポーズした後、号泣する私が「…はい」って答えるとつられてちょっと泣きそうになるうみちゃん。うみちゃんが指輪を出してきてそっと私の右手をとって指輪嵌めてくる。さらに号泣。()

「こっちは…一緒に選ぼうね?」と左手を握ってくる。泣いてぶんぶん頭を縦に振ることしかできない。「泣きすぎだよぉ~俺まで泣けてきたじゃん~」と涙をふいてくれて抱きしめて頭ポンポンしてくるうみちゃん。(※風磨抱きです)(左手で体を抱きしめて右手で後頭部をポンポンするあれです)(参照:セクチャン)

 

緊張のご対面

プロポーズも無事終えて、私はうみちゃん両親とは既に挨拶を済ませていたため、残る試練は私の御両親への挨拶!なうみちゃん。「ママは多分大丈夫だけどな~、パパにうみちゃんのこと言ってな「言ってないのぉ?!」うん、だからちょっとヤバイかな~」あからさまに元気がなくなるうみちゃん。ごめんよ。

ママは「彼氏?彼氏?ウェルカムウェルカム!」みたいな人だけどパパは「何処の馬の骨とも知らん男なんぞウンタラカンタラ…」タイプ。うみちゃん頑張れ。(他人事)

いよいよきた挨拶の日。ビシッとスーツを着て手土産を持つ姿はめちゃくちゃかっこいい。さすが小顔足長モデル体型うみちゃんだね!(甘々)ただ、顔が死んでる。大丈夫かうみちゃん。「…吐きそう」生きて!!!!!

ちょっとスーツ恥ずかしいから…という理由で公共交通機関ではなくうみちゃんの運転で実家へ。

到着。連絡してあったため、玄関で待っているママ。そして恐らくリビングで待っているパパ。

「初めまして、中村海人と申します」

わっ…しっかりした挨拶してる…あのうみちゃんが…(失礼)緊張してるうみちゃんはただのスタイルのいいイケメンだからママは嬉しそうにニコニコして家の中へ誘導してくる。そして最難関、パパさん登場。

「お義父さん、初めまして。○○さんとお付き合いさせていただいております、中村海人と申します。」

…パパ!なんか言えよ!!と思いつつ「あ、あの、海人くんはね…」と言おうとすると

パパ「ちょっと、2人で話したいから○○とママ外出てくれる?」

語気を強めて私たちに有無を言わせないパパの物言いに従わずにはいられなくなり渋々外へ出る私とママ。

~30分後~

「そろそろいいかな…」と戻ると爆笑しながらおしゃべりしているうみちゃんとパパ。打ち解けたみたい。さすが先輩キラーうみちゃん、ここでスキル発揮とはなかなかやるな()「この子いい子やなあ、○○!」とうみちゃんを褒めちぎるパパ。無事わたしの親に認められたうみちゃんでした。

 

(ヤバイ、2000字超えてる…!)

 

うみちゃんと同棲

お泊まりとかは何回もしてたけど、やっぱり同棲となると話は別だよね~とちょっと不安。だけど、うみちゃんはめちゃくちゃ楽しそう。ならいいや。(単純)

夜ご飯の準備がし終わる頃に鍵が開く音がする。

「ただいまぁ~」

「おかえり~」

「ふふ、なんかいいね」

おかえり、と言った私をぎゅーっと抱きしめて幸せそうに言ううみちゃん。

夜ご飯を食べてお風呂にも入ってテレビを見ながらのんびりしているとお風呂から出たうみちゃんが「髪乾かして~ねむた~い」と甘えてくる。(可愛い)(チョロい)髪を乾かしてあげていると「○○ちゃん~?いつもありがとぉ~」と言ってくれたこちらこそありがとう、うみちゃん。

~死~

 

まとめ

うみちゃんと結婚したかった(号泣)

可愛くてチョロくてかっこよくて意外と頼りになるうみちゃんと結婚したかったです。気が向いたら~うみちゃんと子育て編~も書こうと思います。あー楽しかった!

 

 f:id:neko_ssoo:20170314191515j:image

↑同棲したての頃に撮った写真です♡(やかましい)

担降りについてのお話。

どうも、みやです。タイトルからしてお分かりかと思いますが今回のブログ非常に暗くてねちっこくてネガティブです。ご了承ください。

 

今現在、関ジャニ∞の大倉くん、Sexy Zone松島聡くん、ジャニーズJr.の中村嶺亜くんと中村海人くんを掛け持ちしている状態です。いや、多くないか?とさすがの私も思ったわけですよ。

 

私の中で、掛け持ちってデビュー組1人、Jr.に1人くらいのイメージだったので自分に対してすごいビックリしてるんですね。掛け持ちしすぎでは?って。

 

で、なんでこんなことが起きたのかって、まず私

担降りが分からない

はい、これ大問題。

 

大倉くんの現場が無くて関ジャニ∞の動画も見漁り尽くして、ちらっと見たセクチャンで聡ちゃんに落ち、ちらっと見たJJLで嶺亜くんに落ち、ちらっと見たまとめサイトでうみちゃんに落ち、落ちるだけ落ちて降りようとしたことが無かったんですよ。担降りという概念が無さ過ぎて。

 

ただ、セクガル(これ名乗るのめちゃくちゃ恥ずかしい)になってもうすぐ1年が経とうとしているので整理してみようと思ったわけです。

 

まず、うみちゃんうみちゃんは今ハマりにハマってる。いくらでも貢げる。画像も動画もいっぱい見ちゃう。うん、好きです。担当って言えるね。

 

次、嶺亜くん正直うみちゃんにハマってから「やばい、沸いてない」と思ったんですがそれはただ現場が少ないだけでした!

こないだの体育会TVで嶺亜くんが映るだけで謎の悲鳴(?)をあげていたのでここも問題ないです。

 

次、聡ちゃん聡ちゃんも、Jr.にハマってから全然見なくなっちゃってむしろ何故かケンティーや風磨くんの方がよく見てる気がする。

でもこないだ久しぶりにラジオ聞いたら「可愛い…笑笑」ってなったし、まだ歴が浅いのでなんとかなりそう。

 

…最後、大倉くんここが最重要関門。

最近大倉くんを見てもお付き合いしてる方の顔が浮かんでそのあまり良くない素行に悲しくなるし、ビジュアルもよくないし、とか悪い面しか目につかなくて大倉くんを見てても楽しくないのが本音です。

かっこいい!って一時的には沸くけど、応援するのはちょっと難しくなってきたところがあります。好きなのに、嫌いみたいな。(ややこしい)

多分、歴が一番長いから簡単に降りれない!って自分で縛りをかけてる気がするんですよ。でも自分を笑顔にしてくれないアイドル応援しててどうなるんだ?って、最近は思います。めちゃくちゃエゴですけど。

 

わたしは声を大にして言いたいです。

「担当制度滅びればいいのに!!!!!何故生まれたんだ!!!!!」

こいつのせいでめちゃくちゃ苦しんでる。いや無視すればいいだけの話なんですけど、できない…わたしは弱すぎる…マジョリティには勝てない…()

 

担当制度に準じてオタクをしていくならば、少し現状を変えないとな、と思います。応援したくない人担当にしてても…って感じなので。

 

とは言ってもまだ降りる勇気が出ないので、受験生という期間を使って色々考えようと思います。とりあえず、FCの更新はしません。

 

何かアドバイスあったらよろしくお願いします!(他力本願)

 

TravisJapanの仲田拡輝

 

3月1日PM0:00

彼のプロフィールがジャニーズwebと

情報局から消えた。

TravisJapanの集合写真からは皮肉なほど綺麗に彼だけが切り取られ、

動画からは彼の部分だけが無くなった。

ジャニーズJr.の、TravisJapanの仲田拡輝は幕を閉じたのだ。

 

まだ信じられていない。今朝確認した時にはあったのに、と思ってしまう自分がいる。

 

私がJr.を好きになってからここまで思い入れのある方が退所したのは初めてで、戸惑うと同時に悲しみが止まらない。

 

ジャニーズJr.とは不安定な職だ。仕事の量もピンキリ。デビューが必ず約束されているとは限らない。必ずしも努力が報われることは無い。

 

そんな中、特に仕事が少なかったわけでもなくグループにも所属していた彼が辞めたのは正直大変衝撃的だった。だって、ジャニーズにいても舞台や公演のお仕事はある。むしろジャニーズにいた方が仕事の数は多いだろう。

 

それでも彼は前に進むことを決めた。約10年のジャニーズJr.としての活動を終えた。

 

これはTravisJapanが好きな人でなくても感じていると思うが、彼は本当に愛されていたと思う。何故ここまで愛されていたのか、私は彼のアイドル性にあると思う。

 

スキャンダル?一つもなかった。

不機嫌な時?1度だってなかった。

プライベートをひけらかしすぎていやなリアル感が出ることもなかった。

一つ一つの舞台をふざけずにやってくれていた。

 

仲田拡輝担の子を、そしてその周りのトラジャ担の子たちを幸せにしてくれた。

 

いつだってニコニコで、「前へ前へ!」という意識はちょっと薄いけど、みんなが前に出れるように一人ぼっちで寂しい子がいないようにしてくれた。

 

みんなが言いたくないようなことも言ってくれていたみたいだ。弟組が入ることに困惑したこととか、朝日の遅刻癖を注意したこととか。

 

TravisJapanのメンバーは総じていい子ばかりだが、拡輝がいてくれたおかげでTravisJapanがここまで素晴らしいグループになったといっても過言ではないと思う。

 

拡輝がいなくなったTravisJapanはいよいよ7人になってしまったけれど、みんなには拡輝や顕嵐の思いを背負ってこれからたくましく育って欲しいし、私達もずっと支えていく。

 

「いかないで」と彼の服の裾を掴み、引き止めるようなことはできない。それはエゴだ。前に進もうとしている彼を誰も止めることは出来ない。

 

私たちにできることは、「ありがとう」と笑って旅立ちを祝福することなのだ。決して悲しい別れじゃない。涙を流して「さよなら」なんてきっと彼も求めてはいない。

 

彼のダンスが好きだった。

彼の優しさが好きだった。

彼の笑顔が好きだった。

 

だからこそ、私も前を向いて歩き出さないといけない。

 

 

 

 

仲田拡輝くんへ

 

ここまで書いたことは全て綺麗事です。本当は前なんて向けません。今はまだ、立ち止まって、後ろを振り返って、あなたを想って涙を流すことしかできません。

 

TravisJapanはもう、永遠に9人に戻ることはなくなった。最後までなかなか9人揃わなかったね。

だけど、それでも私はTravisJapanは9人で始まったことを誰にも忘れて欲しくない。TravisJapanの自称可愛い担当の仲田拡輝がいたことを忘れて欲しくない。

 

仲田拡輝くん、あなたには退所という言葉がビックリするほど似合いません。

これは、卒業。新たな世界への旅立ちだね。

 

直接「やめます」という言葉は無かったけれど、今となっては全てが伏線だったんでしょうね。そんなところもあなたらしいね。

 

ありがとう、さようなら、またいつか。

 

愛を込めて、みやより。

SHISHAMO4とTravisJapan

どうも、みやです。皆さんお元気ですか。私は元気です。(何の報告)

突然ですが、SHISHAMOというバンドをご存知でしょうか!

ご存知ない方→https://ja.m.wikipedia.org/wiki/SHISHAMO

歌にストーリー性があってすごくキュンキュンしたり切なくなったりして一昨年の夏くらいからすごく好きなんです。

そんな彼女たちが先日リリースしたアルバムをこないだ聴いたんですね。

 

頭にトラジャしか浮かばない…!!!!

 

ということでニューアルバムの中から特に好きな曲について、妄想を織り交ぜながら批評してみました!

 

「明日も」
ひたすらに走ってるイメージ。なんか、底抜けに明るい曲調で前向きな歌詞なんだけど、どこか切ない感じが「(15時~16時頃)の堤防を全力でダッシュするセーラー服の女子高生」って感じ。
その女子高生は同じクラスの王子様・顕嵐くんに恋してたらいい。全然喋るとかはできなくて、ニコニコ楽しそうにしてる顕嵐くんを遠くから眺めてる。

結局告白ができなくて、そのまま終業式を迎えちゃってクラス離れ離れになって凹んでる感じ。
でもへこたれないぞって頑張る女の子。

(実はその女の子のことをちがうクラスの宮近くんが好き)

泣くのは別に悪いことじゃない

妄想関係ないけど、この歌詞が無理に前向き前向きじゃなくてすごい好きです。

 

「メトロ」
トランペットとサックスが印象的。曲調はそこまで暗くないのに歌詞と醸し出す雰囲気がものすごく暗いというか湿っぽい。失恋ソング。
相手は、兄組だとヒロキで弟組だとしーくん。どっちの方が~とかは選べないなぁ2人とも適役。
困ったように優しく微笑んでさよならをするヒロキやしーくんが目に浮かぶよ、なんだこの曲!泣かせ上手か!
多分、ヒロキやしーくんより年下なんだよな、この女の子が。それで2人が大学生になる時に遠距離になっちゃうから別れようって言われる。遠距離になるからっていうのはただの口実でヒロキやしーくんにはもう気持ちがない(やめろ)それを彼女もわかってるんだよなぁ好きなのに。別れるしかない。

私もっと強くなれるかな
なにか期待して あの駅行ったり来たり
メトロに乗っても 君をもう探さないから
どこかで 笑ってて お元気で

なんて健気なんだ!!!!!

「夏の恋人」

若干単調気味な曲だけど、それがさらにこの曲の「夏の終わり」感を強くしてる。個人的にBメロが大好き。座ってアコギじゃんじゃん弾きながら歌いたい。

「いつまでも子供でいたいけど」ってことは、高校3年生くらいかな、それか大学4年生かも。この歌の彼は夏の間だけふらっと現れるヒモであってほしい。それか、夏休みに遊びに行ったリゾート地で出会った現地の子。彼はうみちゃんがいい。夏の間だけの恋人。もう会うことのない彼。(トラジャ以外だったら圧倒的に平野くんかな)

季節が巡って また夏が来たとしても
そこに二人はいないでしょう

来年の夏も会えるかって?会えないんですよ!期間限定の恋なの。

きっと泣くのは 私の方だけど
私から さよならするよ

お互いさよならしなきゃいけないのは分かってるんですよ。それでも多分うみちゃんはさよなら、を言わないだろうなって。私が言うしかないなって。泣きながらさよならを告げる私とそんな彼女を抱きしめて涙をこらえるうみちゃん。

 

まとめ

誰も報われない妄想しかできなかった…!

個人的に妄想の中の「メトロ」のヒロキが普段とのギャップでかっこよすぎてしにそうです。ごめんねって微笑んでるんです。幸せになってね、って最後まで私のことを気遣ってくれるんです。今までありがとうって。最後には何も言わずに猫のようにスッといなくなってるんです。ああ!切ない!泣きながら書いてますよ、この記事(笑)

 

最後に

 

この記事を読んで「SHISHAMO気になる」と思った方、思わなかった方!ぜひ聴いてみてください!そしてあなたは誰が頭に浮かんだか、ぜひ教えてください!

 

(もしいらっしゃったら)この記事を読んで「TravisJapanって誰だ」ってなったSHISHAMOのファンの方!ぜひ調べてみてください!ダンススキルギャグセンスハイスペック男前集団がヒットするはずです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに

「夏の恋人」の彼女は彼と別れて前に進もうとしていますが、私は2016年の夏から前に進めていません。あの夏にひたすら閉じ込められていたい、一生。

あれが9人最後の夏だったなんて思いたくないけど、きっとそうなんだよね。なんとなく感じ取ってはいました。もう9人でステージに立つ姿を見ることはないんだなって。一度も見ることなく過ぎていっちゃったや。会いたかったな。

私にとって「夏の恋人」は「9人のTravisJapan」です。

あの夏に、むしろ単独クリエの決まったあの春にすがりついていれば幸せなままでいられる。だけど、それじゃダメなんですよね。本人たちは前に進んでいるんだから、私が過去にすがってちゃ。このブログをもって、私は前に進みたいです。

夏の恋人に手を振って 私からさよならするよ

幸せな二人だけど あなたも私もきっと
このままじゃどこにもいけないから
きっと泣くのは私の方だけど さよならするよ
だめね、私