読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通り名は真知子

長すぎた プロローグ

Travis高校教諭Japan

どうも、みやです。

さて今回は「Travis高校教諭Japan」ということで「もしTravisJapanのメンバーが高校教諭だったら」という妄想を現役高校生がお届けします。(公立高校普通科の設定です)

 

川島如恵留

・古典の先生

・文芸部、演劇部顧問

・進路指導部

校内の先生の中で一番頭がいい。古典専門ではあるものの英語も得意なのでよくALTの先生と英語で会話している。球技大会や体育大会のどこかで必ず回っている。もはや恒例行事。ただ新入生はビックリする。生徒からの呼び名は「如恵留先生」「のえたん」

 

古典は、感情を読み取るっていうよりは文を成分ごとに分解して一つずつ分析して(例えば、この敬語は誰から誰への敬意を表しているのか)読み取る教科(だと思っている)なので単純作業になりがちなんですけどそこはさすが如恵留先生、ときおり冗談を織り交ぜながら楽しく授業を進めてくれます。(ただその冗談が高度すぎてみんなの頭に「?」が浮かぶことも)

 

森田美勇人

・英語の先生

・男子バレー部顧問

授業スタイルはCDで1通り英文を流した後一段落自分で音読する。ただその音読がカミカミ。生徒に失笑されることもしばしば。バレーはできないが背が高いという理由だけで顧問に任命される。七五三掛先生と仲良し。「また七五三掛先生と飯食ってるよ」生徒からの呼び名は「美勇人先生」「もりみゅ」

 

英語の先生は必ず1回は留学したことがあるイメージなので美勇人くんに。(彼はダンス留学だけどね!!!!!)英語には長文を読み取るやつと、文法を学ぶやつとあるけど両方ちゃんと教えられる美勇人先生。ランダムで当ててくるからしっかり予習して授業中起きてないと一巻の終わり。ブチギレられます。(参考:ONEZERO- A.B.C座2016株式会社応援屋!OH&YEAH!!より)笑い声がうるさくて変なので隣の教室が英語だってすぐバレてます。

 

七五三掛龍也

・数学の先生

・卓球部顧問

めんどくさがって自己紹介をちゃんとしないため、新しく教えてもらう一年生は戸惑う。「今年数学担当になりました、しめちゃんでーす」「結局名字なんて読むの…」授業中は冷徹極まりないのに質問があって職員室まで聞きに行くとめちゃくちゃ丁寧に教えてくれる。予習をちゃんとしてこなかった生徒には静かにキレる。美勇人先生と仲良し。「え?遠足?美勇人と回ったよ」生徒からの呼び名は「しめちゃん先生」「しめ」

 

数学って理屈的で説明を聞いていてもわからない人は本当にトンチンカンだと思うんですけど、七五三掛先生の場合わかる人も「?」ってなる。授業中の教え方は悲惨で「しめちゃん先生きたら終わったと思いな」とか言われるけどイケメンでイケボだからたいていの生徒は「まあいっか」と思ってやりすごします。ちなみに、とてつもない七五三掛先生のワールドを理解する生徒がクラスに数名必ずいます。

 

吉澤閑也

・生物の先生

・バスケ部、生物部顧問

・生徒指導部

廊下ですれ違った生徒に「こんにちは」と言われるとビックリして会釈で済ます。ただ生徒指導部だから毎朝一応校門で挨拶はしてる。担当持ってもらってない生徒からは「冷たい」「無口」とか言われてるけど担当持ってる生徒からは絶賛されてる。高校時代バスケ部だったためバスケ部顧問に。普段とのギャップに隠れファン多数。生徒からの呼び名は「吉澤先生」「閑也」

 

生物は結構実験が多くて楽しいんですけど、なんの遠慮もなく解剖する閑也先生がみたい。(願望)あと、授業の時は実験の有無関係なく白衣を着るのが閑也先生の中のルールであって欲しいです。テストの平均点が思ったより低くて落胆している閑也先生に「もうちょっと…生物も勉強してあげてね…」って言われたい。教室にいる隠れファンたちが燃え始めて次のテストで異常な点数の上がり方をみせます。

 

中村海人

・日本史の先生

・調理部顧問、野球部副顧問

授業が上手いと定評がある。若いため生徒から親しみを持たれている。自作のプリントで授業をするんだけど好評すぎて中村先生が担当じゃないクラスの子はわざわざコピーしてもらう。梶山先生とバチバチ(仲良し)。「本当梶山朝日ってやつはさ~」宮近先生とよく廊下を歩いている。大体行事の時には生徒のところに出没して弁当のおかずをもらう。親御さんに一番モテている。生徒からの呼び名は「うみ先生」「うみんちゅ」

 

大体社会の先生ってオタクっぽい人多いじゃないですか。(とてつもない偏見)だから日本史はオタクの中村海人先生。日本史は覚えなきゃいけないことも多いしだからといって暗記だけじゃなくて論述力も必要だからてんやわんやな生徒に「こうなって、こうで、こういう流れだって覚えたら楽でしょ?」って教えててほしい。全然楽じゃないです。

 

宮近海斗

・現代文の先生

・サッカー部顧問

話が上手い。上手いんだけどたまに言葉を間違える。でも生徒は慣れっこなのでああ、こう言いたいんだなと汲み取ってくれる。(優しい)集会で仕切るのは大体宮近先生。中村先生といるところをよく目撃される。他校の同じく現代文教諭の同期・阿部顕嵐先生と仲良し。生徒からの呼び名は「宮近先生」「ちゃかちゃん」

 

トラジャをいつも頑張ってまとめてくれている宮近くんはぜひ現代文で…!現代文も「読み」が長いから寝る生徒も多くなりがちなんだけど授業の仕方がうまいからみんな割と起きれるんですよね。美勇人先生のせいで生徒にまで「ちゃかちゃん」と呼ばれる宮近先生。テスト前になるとわざわざまとめプリントを作ってきてくれます。

 

梶山朝日

・体育の先生

・テニス部顧問

とりあえず新入生には「あの黒い先生」と言われる。2年目の若手教員。いつもジャージで校内をうろついている。生徒いわく「歩く音で梶山先生って分かる」球技大会の教員部門で本気出すタイプ。あらゆる場面で中村先生と張り合う。「え?中村海人に?負けるわけないじゃん」職員室に行くと最年少の梶山先生がいじられてるのを見ることが出来る。生徒からの呼び名は「梶山先生」「かじ」

 

朝日は本当、体育教師しか浮かばなかった!!!前髪上げスタイルでね、生徒と楽しみながら体育やってるタイプの先生。朝早くに学校行ったら前髪上げる前の先生が見れます。(学校でセットするんかーい)ちなみにテニスは全くできないという設定。実際どうかは知りません。ジャージは上下バラバラで着てて欲しい。無頓着な梶山先生。体育大会で具合悪くなると保健室まで梶山先生がお姫様抱っこして連れていってくれます。あ、そこー!わざと倒れない!!!!

 

 

他にも細かい裏話として、

 

□なぜ中村先生と宮近先生がよく一緒にいるのかは同期だから。

□他校の阿部顕嵐先生は去年の人事異動でこの高校から別の高校へいったけどまだ中村先生や宮近先生と仲良し。

□中村先生と梶山先生は大体授業で罵りあうときは「中村海人」「梶山朝日」ってフルネーム呼び捨てなんだけど普段は「海人」「カジ」って呼んでる。

□「ごめん、今如恵留どこにいるか分かりますか?」と話しかけてくる人が校内で頻繁に目撃される。噂によると如恵留先生の同期の方らしい。

生徒A「美勇人先生彼女と歩いてましたよね?」「あ、それシメだわ」

□ちょっと嘘でしょ閑也こんな単語も分かんないの(笑)と美勇人先生はよく閑也先生をバカにしている。

□その都度閑也先生は仕返しにでかいカエルやら虫やら生き物を美勇人先生の机に置いておく。

 

みたいな話もあります。

 

あ~!!!!!楽しかった!!!なんでうちの高校には彼らがいないのかな?????(˘ω˘)

 

 

そして、TravisJapan公式メンバーカラー決定おめでとうございます!!!!!!!!(ドンドンパチパチ)ということで今回の記事にさっそく使わせてもらいました。なぜか私の中でしめちゃん=黄色が定着しすぎててさっきまで間違えていたのですが(笑)大体みんなの予想通り(というかほぼプレゾンまんまなのか?)でしたね。

自担は緑ということで!うん!爽やか!!!目に優しい!!!何より、ぽい!!!!!ぽいよ君、緑っぽい!!!!!

 

クリエ無事に終わるといいですね(˘ω˘)

 

おわり